FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーの結果・・・いかに!?

   


上位3カ国に北京五輪の出場権が与えられるバレーボールのワールドカップ(W杯)

女子大会は第9日の14日

名古屋市の日本ガイシホールなど2会場で6試合を行った。

日本はキューバに1-3で逆転負け。

3敗目を喫し、3位以内が絶望的となった。

イタリアはストレートでブラジルを破り、唯一全勝を守った。

米国はセルビアに屈し初黒星。

2敗はブラジル、セルビア、キューバの3チーム。

日本は15日、米国と対戦する。 

今大会で五輪出場権が得られなかった国は

来年5月に日本で開かれる世界最終予選などで出場権獲得を目指す。


        ◇痛恨の1敗、柳本監督「本当の背水の陣」


日本の試合前に全勝の米国がセルビアに敗れ

五輪出場権争いは大混戦の様相を呈していた。

だが、日本は痛すぎる星を落とした。

試合後の選手たちからは異口同音の言葉が発せられた。

「第2セットを取れなかったのがすべて」

第1セットを先取して迎えた第2セット。

一時は17-22と5点差をつけれたが、ここから粘りを見せた。

木村のスパイクでブロックアウトを誘って反撃開始。

栗原がジャンピングサーブで相手の守りを崩して、フェイント。

5連続ポイントで追いついた。

そこからはまさに一進一退の攻防。

ジュースが続き、日本が一度はセットポイントをつかんだものの

決められない。

最後は高さのあるキューバのパワーの前に力尽きた。

                           ~ヤフーニュースから引用~

いや~!最初のワンセット目はなかなかイイ戦いしていたんですけどね・・・(;へ;)

惜しかった↓↓↓まぁメグちゃんは相変わらず可愛いかったっス!!(^U^〝)

       今回は残念だったけど

              最後まで☆がんばれ!ニッポン!!☆
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール - ジャンル : スポーツ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。